So-net無料ブログ作成
検索選択

iPOD Touch 充電できました! [Coupe407]

http://www.sound-link.jp/charge_converter.html

とおりすがりさんにお教えいただいたcharge converterを、PEUGEOT純正のiPODアダプター(=カロッツェリアCD-IB10II)に繋いでみました。前回のScosche passPORT Charging Adapterと同様、ユニバーサル端子に挟むだけで、よりコンパクトにできています。

結果・・・Touchのバッテリーアイコンが見事!充電中に変わりました。仕事でつくばまで往復してきましたが、ちゃんと充電されているようでした。

RIMG0012.jpg

とおりすがりさん!ありがとうございました。


iPOD Touch 充電できない [Coupe407]

愛用のTouchですが、PEUGEOT純正のiPODアダプター(カロッツェリアCD-IB10II)では充電できないところが難点です。選曲もコントロールも可能ではあるのですが・・。

Touchを普通に接続すると、”充電機能に対応していませんがよろしいですか?”みたいなコメントがTouchに表示され、仕方なく”はい”をtouchする必要があります。

アップルストアで、Scosche passPORT Charging Adapterなるものをポチッとし接続端子の間に挟んでみたところ、”充電できない”という警告は表示されなくなったのですが、電池マークのところは充電マークに変わりません。しばらく様子を見てみても残量が増えることはないみたいです。

iPhoneの場合では、CD-IB10IIとScosche passPORTの組み合わせで充電可能になった、というblog記事を見つけたのですが、どうやらTouchでは駄目みたいです。

passport-2.jpg

なにか良い方法があると良いのですが、

しばらくは、第3世代nanoクルマ用に続投になりそうです[雨]


Coupe 3歳 [Coupe407]

初めての車検を迎えたCoupe407です。バッテリーなどは事前に交換してありましたので、今回交換したのはエンジンオイル(クウォーツ9000)とオイルフィルター、ワイパーブレードくらいのものでしたので、すべて込みで16諭吉程でした。

走行はまだ20000kmに及ばず、あまり乗っていませんが、これからも可愛がってゆこうと思います。

点検の際に隅々まで綺麗にしていただいたので、

三歳の記念写真を撮って来ました。

3.jpgIMG_4624.jpg2.jpg1.jpgIMG_4629.jpg


プレスライン [Coupe407]

IMG_4324.JPG
もうすぐ最初の車検を迎えるCoupeですが、BLISSのお陰か鏡のような艶がいい感じです。
改めて見ると、Cピラーのカーブがリアフェンダーとバンパーの間の前傾したプレスラインに連続して見えます。Cピラーの中のラインはルーフに沿って前方へ廻り、Aピラーの折れ線となり、さらにボンネットの上で中央寄りにカーブし消えてゆきます。フロントフェンダーから後方に続くラインは、テールランプを水平に分け、トランクリッドを越えて対側に連続しています。
車の中の、色々な線を辿ってみると発見があって面白いです。

完成しました [Coupe407]

運転席からは視界を妨げることもなく収まりました。芯があり伸びのあるボーカルとピアノの音はなかなかのものです。今後のエイジングが楽しみです。
RIMG0193.jpgRIMG0194.jpg

ツィーター角度変更 [Coupe407]

前回制作した台座を仮設置してみたところ、ツィーターがやや上を向き過ぎのような印象でしたので、レジン粘土で作った台座を削って50°位の角度で立ててみました。Coupe407のフロントシールドはかなり寝ているので、視界を妨げない範囲で可及的に立てて設置したほうが良いかと思われます。

IMG_3877.JPG

台座は艶消し黒のスプレーで塗装しました。

IMG_3881.JPG

↑ 約50°

↓ 約40°(旧タイプ)

5.jpg


ツィーターの台座 [Coupe407]

Coupeの車内にツィーターを持ち込んで、前方視界を妨げないギリギリのところでツィーターの位置を決定しました。

純正のツィーターグリルの外径は80mm、TS-T10RSユニットの外径は60mmなのですが、工作用紙でイメージを作ってそこにエポキシ粘土を盛ってゆきます。カッターナイフとサンドペーパーで表面を整え、できたのが右下の台座です。あとはフェイクレザーを貼って完成!の筈だったのですがレザーをいくら引き伸ばしてもができてしまうため、この台座はボツ[もうやだ~(悲しい顔)] 

1.jpg2.jpg

次に、ツィーターに付属の台座を、純正の穴に立てることができるように、グリルの径に合わせた輪を作ってみました。ツィーター付属の台座はちょっと背が高いので、15mmほど沈んだ位置で固定できるよう粘土を整えました。レザー張りはあきらめて艶消し黒でペイントし、お互いを接着しました。

3.jpg4.jpg

これが完成品。純正のツィーターグリルは5mm程の深さがあるので、台座の半分は隠れてしまいます。

Mサイズのスピーカー端子4本を買い忘れていたので、車への取り付けと接続はまだですが、 完成したら改めてupします。

5.jpg

ツィーターのグレードアップ [Coupe407]

ポチッとやってしましました。

クロスオーバーをあれこれ調整してきましたが、中音域の厚みがどうしても足りません。

http://pioneer.jp/carrozzeria/products/ts_t10rs/02.html

1400 Hz- 70000 Hz というワイドレンジツイーターをポチッとやってしまいました。

↓ こんな感じで 407の純正位置に合うマウント工作してみようかと考えています。

tweeter.gif


番号灯をLED化 [Coupe407]

I-02205.jpg

T10型ウェッジ球タイプのLEDランプです。レンズは小さなマイナスドライバで容易に外すことができました。電球を引っ張ってソケットから外し、LEDランプを差し込んで点灯を確認。点かなければ極性を逆に差し換えて、レンズを元に戻して完了です。レンズと電球の先端が僅かに接する感じで、ギリギリ閉まった感じでした。もう少し短いT10ランプを選んだほうが無難かもしれません。

DVC00003.jpg

明るさは十分と思われました。でも、レンズの防水性と熱によるレンズの変性など、注意して経過を見たほうがよいかもです。


マチルダさーん! [Coupe407]

完成しました。横56x縦80ピクセルで画像を作って56x70に圧縮するとピッタリでした。
090823_194634.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。